集合住宅でも安心!臭いも鳴き声も発しないペットとは

ペットに対する規制が強い集合住宅なら

賃貸マンションやアパートを始め、ペットの飼育に関してかなり厳しい又は禁止となっている物件は大変多いもの。ですが通勤や立地、賃料といった利便性を無視する訳にもいかず、ペットの飼育を諦めざるを得なかったという人もいる事でしょう。ただ選ぶペットの種類によってはこうした条件の住宅でも周辺に対する迷惑が全く掛からないタイプの生物はいるものなのです。特に臭いや鳴き声といった騒音を発しないというポイントは極めて重要であり、逆に言えばこれらの条件をクリア出来る生物であれば十分ペットライフを楽しむ事が可能なのです。

具体的にはどの様な種類を選ぶべき?

人によって好き嫌いが分かれるところでしょうが、室内飼いでも問題の少ない小型動物がメインとなるのは当然の事でしょう。鳴き声も比較的少ない猫でも小型であまり鳴かず長時間でもしっかりお留守番の出来る種類がベスト。また最近流行りのエキゾチックアニマルはこうした条件に最もピッタリなのです。長時間餌が無くとも最適な環境さえ保持されていれば、何時間でも殆ど動かず鳴き声も上げずに過ごせるリクガメや砂漠性トカゲといった爬虫類、ツノガエルを始めとした両生類、そして海外産カブトやクワガタといった昆虫類はまさにピッタリです。これらのラインナップから容易に想像出来る様に、主に一人暮らしの男性にも相性が良いのです。

常に嫌がらずアドバイスを送ってくれるショップを

特に癖のある飼育技術が必要となってくるエキゾチックアニマルの類は姿形が格好良い反面意外とデリケートであり、周囲に迷惑を及ぼさない代わりにちょっとした環境変化で弱ってしまうケースが多いもの。最善の飼育を目指す為にも、これらの生物を購入したショップでその後も定期的にアドバイスを貰える様工夫すべきでしょう。そこで購入時は、常にスタッフが親切丁寧でその後の相談にも気軽に応じてくれるショップを選択すべきなのです。多少距離的に遠くてもベストなショップを選べれば、結果的に飼育時の負担も減る上に飼育自体が大変面白くなってくるものなのです。

ペットショップなら神奈川県が最適です。ペットショップの数が豊富ですので、必ずお気に入りが見つかります。

初めて猫を買う場合に知っておきたいことについて

初めて猫を買うならペットショップが無難

初めて猫を買うなら、やはりペットショップがいいでしょう。その理由は、トイレのしつけなどをきちんとしてくれているからです。保健所から猫をもらってくるという方法もありますが、外の世界に自由に出ていた経験がありますからしつけをするのが難しいです。殺処分されるのが可哀相だから、なるべく保健所から引き取るのがよいという意見もあります。しかし、ペットショップで売られている猫ちゃんでも売れなければ殺される場合が多いので同じです。

どんなペットショップで買うのがいいの?

猫をペットショップから買うなら、いくつか注意しておきたい点があります。まず、清潔感のあるペットショップを選びましょう。汚い感じのペットショップにいた猫ちゃんは、病気に感染している可能性もありますからあまりおすすめできません。また、トイレの猫砂にきちんとしたものを使っていることも条件です。なかには新聞紙を切ったものを猫砂の代わりに使っているペットショップもありますが、衛生面が少し心配な感じがあります。

猫は買い物しても一緒に暮らす家族となる

猫はお金で買うことができますが、洋服や本などの買い物とは違って家族の一員になります。何しろ、生き物ですから感情もあるし、好きな人や嫌いな人もあります。ですから、猫を買う場合はその後最後まで面倒を見るように決意することが大切です。途中で飼育できなくなる可能性があるなら、ペットショップから買うのはやめておきましょう。捨てられた猫ちゃんは、保健所に送られて殺処分されるか、エサを確保できずに飢え死にする運命が待っています。

子猫販売なら神奈川ペットショップエンゼルがおすすめで、子猫や子犬の写真がサイトに載せられていて、子猫についてのコメントも載せられていて、探す時の参考になります。

家族の一員!猫を飼うための基礎知識とは?

猫を飼うために必要な心構え

できればペットを購入する前に、飼おうとするペットの特性や病気について、勉強する姿勢を持っておきたいものですね。そこが物を買うことと生き物を飼うこととの大きな違いであり、飼い主とペットが共栄共存し、真の「伴侶」となるための必須条件なんですよね。まず、おススメなのは、動物の飼い方や病気に対する本を買って読むことですよ。なぜなら、ペットは動物種により買い方や用意する環境が大きく異なるからです。猫の場合、純粋種・雑種、雄・雌、短毛種・長毛種、子猫・成猫、1匹・複数、飼育環境などを考慮してから購入することが望まれますね。

知っておきたい!猫の習性

不妊手術をしていない雌猫と雄猫を複数飼うことは望まれない子猫の生まれる可能性を想定しなければなりませんし、繁殖を考えているなら、同じ品種を購入する必要があるでしょう。また、雄を2匹飼うと縄張り争いが絶えず起こることを想定しなければなりませんよね。長毛種はおっとりして鳴き声も小さいですが、毎日の毛の手入れは怠れません。一方、短毛種は毎日の毛の手入れは必要ありませんが、シャム猫などの大きな鳴き声は煩わしく聞こえることもあるでしょう。猫を購入するときには、このようなことも考慮する必要がありますね。

猫を飼う前に知っておくべきこと

国内で飼育されている犬の約70%が純粋種なのに対して、猫は15%以下なんですよ。雑種猫、純粋種猫ともに友人、知人から安価または無償で譲渡されることが多いので、品種が選べないんですよね。特定の純粋種猫が欲しい場合は、多品種の中から選ぶことができるペットショップで入手するのが一般的になりますね。希望品種が決まっているなら、その品種のブリーダーから直接入手するほうが、ペットショップより安価に入手できることがありますよ。

子犬販売はペットショップにあります。今ではショッピングセンター内にもペットショップがあり多くの子犬を販売しています。