家族の一員!猫を飼うための基礎知識とは?

猫を飼うために必要な心構え

できればペットを購入する前に、飼おうとするペットの特性や病気について、勉強する姿勢を持っておきたいものですね。そこが物を買うことと生き物を飼うこととの大きな違いであり、飼い主とペットが共栄共存し、真の「伴侶」となるための必須条件なんですよね。まず、おススメなのは、動物の飼い方や病気に対する本を買って読むことですよ。なぜなら、ペットは動物種により買い方や用意する環境が大きく異なるからです。猫の場合、純粋種・雑種、雄・雌、短毛種・長毛種、子猫・成猫、1匹・複数、飼育環境などを考慮してから購入することが望まれますね。

知っておきたい!猫の習性

不妊手術をしていない雌猫と雄猫を複数飼うことは望まれない子猫の生まれる可能性を想定しなければなりませんし、繁殖を考えているなら、同じ品種を購入する必要があるでしょう。また、雄を2匹飼うと縄張り争いが絶えず起こることを想定しなければなりませんよね。長毛種はおっとりして鳴き声も小さいですが、毎日の毛の手入れは怠れません。一方、短毛種は毎日の毛の手入れは必要ありませんが、シャム猫などの大きな鳴き声は煩わしく聞こえることもあるでしょう。猫を購入するときには、このようなことも考慮する必要がありますね。

猫を飼う前に知っておくべきこと

国内で飼育されている犬の約70%が純粋種なのに対して、猫は15%以下なんですよ。雑種猫、純粋種猫ともに友人、知人から安価または無償で譲渡されることが多いので、品種が選べないんですよね。特定の純粋種猫が欲しい場合は、多品種の中から選ぶことができるペットショップで入手するのが一般的になりますね。希望品種が決まっているなら、その品種のブリーダーから直接入手するほうが、ペットショップより安価に入手できることがありますよ。

子犬販売はペットショップにあります。今ではショッピングセンター内にもペットショップがあり多くの子犬を販売しています。