日本の伝統!四季折々の和菓子と地域ごとの慣習

四季折々を切り取る職人の技

和菓子と言うと季節によってさまざまな種類があるのはご存知の方も多いことでしょう。夏の和菓子として思い浮かぶものは、梅や夏みかんを葛でまとめた涼しげなものや水羊羹ですね。他にもあじさいや蛍をイメージしたものや、七夕などの行事にあわせた和菓子などもあります。昔から日本では四季の移り変わりを大切にしており、和菓子においても四季折々で職人が工夫を凝らしてきました。現代でもお店によってさまざまな工夫を凝らし進化を続けています。そんな和菓子の中にも伝統的な慣習があるものがあります。

京都の慣習、6月30日は水無月を食べて厄払い

夏の和菓子の中には食べる日が決まっている和菓子があることをご存知でしょうか。京都では6月30日に夏越祓(なごしのはらえ)という半年毎の厄払いが行われ、そのときに食べるのが水無月という和菓子です。水無月は白い外郎生地の上に甘く煮た小豆をのせたもので、三角形の形をしているのが特徴です。この三角形の形にも意味があり、冷蔵庫がなかった時代は氷が貴重で氷を模した水無月を食べて涼を感じるというような意味合いがあったそうです。

石川県の慣習、7月1日は氷室饅頭

石川県では7月1日の「氷室の日」に氷室饅頭と言う和菓子を食べることが習慣としてあるようです。これは江戸まで氷を献上していた時代、7月1日が献上する日になっており、無事に氷が届くよう祈願をして饅頭をお供えしたことが由来とされています。また、麦の収穫の時期に麦饅頭を嫁ぎ先に贈る慣習があり、そこから始まったとする説もあります。このようなことから、今でも暑くなる季節を前に無病息災を願って氷室饅頭を食べるようです。

ずんだ餅とは、すりつぶした枝豆を餡に使っている餅菓子です。東北地方では一般的な郷土菓子となっています。